四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 突然肩が
    激しく
    痛み始めた

  • 40代に入って
    肩こりが
    慢性化した

  • 肩の動きが
    不自由になった

  • 肩の強く痛み
    しびれがある

その症状は、四十肩・五十肩の

可能性があります

40代を過ぎて、肩の激しい痛みや
動きの制限に悩まされていませんか?


その症状はただの肩こりではなく、四十肩・五十肩と呼ばれるものかもしれません。

 

年齢とともに四十肩・五十肩になってしまう原因や対処法について解説します。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の原因は肩関節の炎症

四十肩・五十肩と呼ばれる症状は、ある一定の年齢を過ぎると耳にする機会が多くなると思います。

「四十肩・五十肩」は、肩周りの筋肉疲労が原因となる肩こりとは異なり、肩関節の周囲の炎症により生じる症状になります。


肩こりよりも激しい痛みを感じることが多く、肩の動きが制限されることもあります。


ここでは四十肩・五十肩になってしまう原因について解説します。

 

【四十肩・五十肩の原因とは】

 

●肩周辺の組織の変性

 

肩周りの関節や靭帯が変性して柔軟性がなくなっていると、肩関節で炎症が起きることがあります。
炎症が起きることで肩に激しい痛みを感じるようになり、症状が進むと肩の動きが不自由になることもあります。

 

●筋力の低下

 

慢性的な運動不足などが原因で肩周りの筋力が落ちていると、四十肩・五十肩を発症しやすくなります。
特にインナーマッスルが弱っている場合に起きやすく、ジムでトレーニングをしているので「大丈夫だろう」と思っていても、
外側の筋肉しか鍛えられていないこともあり、四十肩・五十肩になることがあります。

 

●加齢

 

四十肩・五十肩の大きな原因となるのが加齢の影響です。
年齢を重ねると各組織が乾燥して柔軟性がなくなったり、筋力が維持できなくなったりして四十肩・五十肩になりやすい状態となります。

 

●肩を動かしていない


普段から身体を動かしていない方の場合、肩をほとんど使わないことが原因で四十肩・五十肩になってしまうこともあります。
肩を動かせる範囲が狭くなってしまい、日常生活に支障をきたす場合もあります。

急性期と慢性期で異なる対処法

四十肩・五十肩の痛みを緩和するためにはどうしたらいいのでしょうか?


ここでは四十肩・五十肩の症状と、緩和するための方法や期間についてご紹介します。

 

【四十肩・五十肩の症状】


●急性期


急性期には、肩を動かすことで激しい痛みを感じるようになります。
痛みは手や指先まで伝わることもあり、手にしびれを感じてしまうことがあります。
両肩に同時に症状が出ることは少なく、基本的に片方の肩のみに症状が現れます。

 

●慢性期


急性期の痛みが落ち着いてくると慢性期に入り、肩に鈍い痛みを感じるようになります。
また肩の動きが制限されてしまい、思うように肩を上げたり回したりすることが難しくなります。

 

【緩和方法】

 

●急性期

急性期のうちは動かすことが痛みの原因となるので、なるべく肩を動かさないようにして安静にしましょう。
痛みが強い場合には、氷を入れた袋や冷却パックを使って肩を冷やしておきましょう。
15分程度アイシングすることで痛みを軽減できることがあります。


●慢性期

慢性期に入った場合には、徐々に肩を動かしましょう。500グラム程度の重りをもって振り子運動をするなどがおすすめです。
肩を動かしておくことで、動きの制限を緩和することができます。
肩を温めて血流を促進すれば、痛みの軽減も期待できます。

※もし、違和感を覚えるようなことがあれば即刻中止していただき、お近くの医療機関にご相談ください

 

【施術期間】


四十肩・五十肩は一度発症するとすぐに緩和することが難しく、施術を受けても緩和までには半年から1年程度の期間が必要となります。

自分に合った施術を早めに受けることで、症状が長引くことを防げます。

パルモ整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」といい、名前の通り肩関節周囲になんらかの原因で炎症を起こしている状態になります。

※痛めている組織は人それぞれ違います。

 

当院ではまず、肩関節周囲のどこを痛めているのかに着目して詳しく検査を行い、その上で次の施術を行います。

 

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

 

■カッピング

透明のカップを、痛みを感じる患部や硬くなった筋肉にあて、カップ内を真空状態にし血流を促進する施術法です。
血流を促進することで、患部周辺の組織に栄養・酸素を供給し、蓄積されている老廃物を回収することで疲労回復の効果が期待できます。※吸引した部分に数日〜1週間程度丸い跡が残ることがあります。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中