外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 靴を履くとき足が痛む

  • 足の親指が
    外側に曲がってしまった

  • 足のカーブがなくなって平らになった

  • 足の痛みが
    ひどくて歩けない

「外反母趾」は増えています

足の親指が曲がってしまい、靴を履くときに痛みを感じることはありませんか?


これは外反母趾の典型的な症状で、現代では多くの方が外反母趾に悩まされています。

 

外反母趾になってしまう原因や、予防する方法についてみていきましょう。

外反母趾早期回復メニュー Recommend Menu

外反母趾の原因は生活習慣に

「足の親指がくの字に曲がっている」

「靴を履くときに親指の根本が靴に擦れて痛い」

 

などでお悩みではありませんか?

外反母趾は、見た目が特徴的なため多くの方がご自身の症状に気づいているかとは思いますが、悪化してしまった場合には、手術にまで至る場合があることはご存知でしょうか。

また、痛みにより歩き方も変わってしまい身体のバランスを崩してしまうことで全身にさまざまな不調が現れることもあります。

 

【外反母趾の症状】

 

●足の変形

 

足の親指が外側に向かってくの字に曲がってしまい、付け根が飛び出した形になってしまいます。
他にも足裏のカーブがなくなってしまう扁平足を併発することも多いです。

 

●親指の付け根の痛み

 

突き出した親指の付け根が靴とこすれると痛みを感じるようになります。
外反母趾が重症化してしむと、靴を履いていなくても痛みを感じます。

 

【外反母趾の原因】

 

外反母趾の原因には大きく分けて先天性のものと後天性のもので2種類あります。

 

■先天性の原因■

遺伝や生まれつきの体質で外反母趾や扁平足になってしまうことがあります。

●遺伝

 

親族に外反母趾の方がいた場合、遺伝の影響で外反母趾になってしまうことがあります。

 

●生まれつき

 

遺伝ではない場合でも、足の親指が生まれつき人差し指より長い方は外反母趾になってしまうことがあります。
体質により、全身の関節が緩みやすい方もいます。そんな場合も外反母趾の原因になります。

 

■後天性の原因■

後天性の原因は主に生活習慣にあると言われています。

●歩き方が悪い

 

内股であったり、つま先から地面につけるような歩き方が癖になっている方は、つま先にかかる負担が大きくなっていて、外反母趾になりやすいと言われています。

 

●運動不足

 

運動不足による筋力低下も外反母趾の原因の一つです。体重を支えることができず足先に負担がかかってしまうためです。

 

●靴のサイズが合っていない

 

サイズの合っていない靴やハイヒールを日常的に履いていると外反母趾の原因になります。
特にハイヒールはつま先にかかる負担が大きいと言われています。さらにヒールが3センチ高くなるにつれ負担は1.5倍から2倍にもなります。
サイズの合わない靴で歩き方が悪くなることも外反母趾につながります。

自分に合った靴で外反母趾を予防しましょう

外反母趾は、軽度であれば靴を履くときに痛む程度ですが、症状が悪化すると歩いていない時にでも強い痛みを感じることがあります。


外反母趾の予防方法をご紹介します。

 

【外反母趾を予防するには】

 

●足に合った靴を選ぶ

ご自分の脚のサイズに合った靴を履くようにこころがけることが重要です。

靴を選ぶ際には、つま先を動かせるだけの余裕があることを確認するようにしましょう。

そして、負担がかかりやすいヒールのある靴はなるべく避けましょう。

今では履く機会が少ないかと思いますが、サンダルのような鼻緒のついた靴を履くことで効果に期待ができます。

 

●運動をする

足の運動をして筋力を維持することで外反母趾予防ができます。
指の力でタオルを掴んだり、ゴムひもを両方の親指で引っ張る運動をしてみましょう。

 

●テーピングで固定する

外反母趾による痛みがある場合にはテーピングを施して、患部を固定しておきましょう。

 

●歩き方を見直す

かかとから着地する癖をつけて、正しい歩き方を身につけることも大切です。

 

パルモ整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾の方は足のアーチ低下と立位姿勢、歩行姿勢の悪い方が多いので当院では姿勢からアプローチをします。

痛みの強い場合にはテーピングや包帯などを使って痛みの早期回復を行う場合もあります。

 

 

 

 

 

外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中