膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 歩くときに
    膝が痛む

  • 膝に水が
    たまるようになった

  • 膝がまっすぐに伸びない

  • うまく正座が
    できなくなった

階段の上り下りで
膝に痛みを感じることはありませんか?

膝の痛みは、年齢を重ねるとともに、悩んでいる方が多い症状です。

膝は曲げ伸ばしで負担が生じやすい部位で、
行動のすべてに関わってくるといっても過言ではありません。

 

そんな膝の痛みは、「予防」が重要です。

原因と合わせてみていきましょう。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝の痛みの原因は関節の動きにある

膝は足を自由に動かすために重要な役割を持つ関節で、立ち上がったり歩いたりするために欠かせない部位です。

そのため負担もかかりやすく、中高年になると多くの方が膝の痛みに悩まされています。

そんな膝関節に痛みが生じる原因をお話しします。

 

【膝関節痛の原因】

 

●関節の動きが悪い

 

慢性的な運動不足や姿勢の悪化が原因で膝関節の動きが悪くなってしまうと、膝に痛みを感じることがあります。
また、太ももの筋力不足によって膝関節の動きを支えられなくなることが原因で膝の痛みになる場合があります。

 

●変形性膝関節症

 

膝関節の軟骨がすり減り、弾力性が失われることで膝の痛みに繋がります。
痛みを感じるだけでなく膝関節が変形してしまうことで、歩行困難やO脚といった症状がでることもあります。

 

●関節リウマチ

 

関節が炎症を起こして変性してしまうと、激しい痛みや腫れといった症状が現れます。
特に女性に多く見られる症状です。

 

●半月版損傷

 

膝関節のクッションとして機能している半月板が傷つくことで、膝を動かすときに痛みが現れます。
重度の場合、膝に水が溜まり最悪歩けなくなることもあります。

 

●膝関節靭帯損傷

 

膝関節の靭帯を傷つけてしまうと、痛みや動きの制限といった症状が現れ、膝が不安定になってしまうこともあります。

 

●スポーツ障害

 

オーバートレーニングなどで膝に負荷がかかりすぎると、膝の痛みの原因になります。高齢者だけでなく若い方でも膝の痛みに悩まされている方も多くいます。

ストレッチや筋トレで膝の痛み対策

膝の痛みが出てしまうと、歩くことがつらくなり日常生活にも影響が出てしまいます。

その痛みを悪化させないために、そして膝の痛みを発症しないためにはどうしたらよいのでしょうか?

さまざまな、膝の痛みへの対策をご紹介します。

 

【疾患による膝の痛みへの対策】

 

●変形性膝関節症

太ももの筋力をつけておくことで変形性膝関節症を防ぐ効果が期待できます。
身体を温めて血流を促進することも有効です。

 

●関節リウマチ

身体を動かす習慣をつけて、全身運動をすることが関節リウマチの予防効果に期待ができます。
また健康的な食生活をして、適正体重を維持することも大切です。

 

●半月板損傷

半月板が傷ついてしまった場合、そのままにしておくと膝の痛みを緩和することは困難です。
医療機関に行き、適切な対応の後、整骨院・接骨院でのリハビリテーションを行うことが重要です。

 

●膝関節靭帯損傷

膝関節の靭帯は、外部からの大きな衝撃で傷つく場合が多くあります。
スポーツ中の接触などで起こるため、スポーツ前はストレッチをするなど身体を柔軟にしておきましょう。

 

【その他の膝の痛み対策】

 

●安静にする

膝の痛みが強い間はなるべく動かさず、安静な状態を保ちましょう。
杖を使うなどをして膝への負担を軽減することも大切です。

 

●運動習慣を身につける

痛みが落ち着いたら膝を動かしましょう。
ウォーキングやストレッチなど、軽い運動で膝の筋力や動きを維持するようにしましょう。
スクワットで内ももの筋トレをすることも膝の痛み緩和効果に期待ができます。

パルモ整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みに悩んでいる患者さんの場合、変形によって痛みがでている方が多くいます。

 

膝の変形自体は手術により人工関節にするか再生医療で軟骨の再生を期待するしか方法がないと言われています。

しかし痛みを感じにくくしていくことは可能です。

当院では痛みを減らすための関節可動域訓練骨格の矯正を行い、痛みの軽減と予防を目指しています。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足首のズレを整えて足先からふとももにかけて蓄積された余分な水分や老廃物を流す施術法です。
足の「むくみ」や「冷え」の改善だけでなく、下半身の血流を促進することで「腰痛」や「膝の痛み」にも効果が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップを、痛みを感じる患部や硬くなった筋肉にあて、カップ内を真空状態にし血流を促進する施術法です。
血流を促進することで、患部周辺の組織に栄養・酸素を供給し、蓄積されている老廃物を回収することで疲労回復の効果が期待できます。※吸引した部分に数日〜1週間程度丸い跡が残ることがあります。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中