スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • スポーツ中の接触で
    打撲になった

  • 練習のしすぎで
    テニス肘になった

  • 転倒の際に
    骨折してしまった

  • トレーニングで
    肉離れになった

ケガの正しい認知が早期回復につながります

スポーツによるケガは、
競技中の事故が直接の原因となる「スポーツ外傷」と

身体の使いすぎによる「スポーツ障害」


の2種類に分けることができます。

 

そしてそれぞれに適した処置を行うことが重要です。

 

間違えた対処や放置は回復を遅らせるだけでなく、
悪化の原因となり思わぬ痛みの症状を併発させることもあります。

スポーツによるケガ早期回復メニュー Recommend Menu

スポーツによって起こるケガは2パターン?

スポーツによって起こるケガといっても、「骨折」「捻挫」「打撲」などの一般的なケガ「スポーツ外傷」繰り返しの負荷により生じるケガスポーツ障害」の2パターンに分けることができます。

この2つのケガは、まったく誘因が異なりアプローチ方法も変わってきます。

まずはそれぞれの特徴についてからお話していきたいと思います。

 

 

 

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷とは、いわゆる一度の強い外力により生じるケガになり、代表的なものとしては次のものが挙げられます。

 

●骨折
●脱臼
●捻挫
●打撲
●肉離れ

 

これらのスポーツ外傷は
「転んだ」「ぶつけた」「捻った」などの明確な原因が必ずあります。

原因が明確なため、施術やリハビリなどの計画も行いやすいケガといえます。

※ほとんどの場合が時間の経過とともに緩和する傾向にあり保存的な施術を行うことが多いです。

※損傷の程度が重い場合は手術などのが必要な場合もあります。

 

【スポーツ障害】

 

外傷の原因が明確なスポーツ外傷と比べて、原因を明確に判断することが難しいものがスポーツ障害です。

繰り返しの動作や継続した動作をすることで、少しずつ痛みを感じたり、突然痛みを感じることがあります。

 

●オーバーユース(overuse)
球技での投球動作や長距離走など、同じ作業の継続などによる使い過ぎのことを指します。

●ミスユース(misuse)
患部に負荷のかかった状態で、一定の姿勢を保ちつつ、間違った使い方をしてしまうことです。

●ディスユース(disuse)
しばらくの間、運動をしていない期間が続いた後に運動を再開した場合などに急な負荷がかかることです。

 

過度なトレーニングなどで身体を酷使してしまったり、前日までの疲労がきちんと回復されないままトレーニングを重ねてしまうことで発生することもあります。

 

【スポーツ障害にならないための対策】

 

●自分に合ったトレーニングを行う

スポーツ障害にならないためには、まず自分の身体がどの程度のトレーニングに耐えられるのかを知ることが重要です。

特に、「成長期」である中高生は、骨や関節が成人と比べ構造的に弱いためスポーツ障害になりやすいと言われています。

また中高年になってから新しくスポーツを始めた方も、以前より体力や筋肉が低下しているためしっかりと段階を踏みトレーニングを行うことが大切です。

 

●スポーツ特性を理解する

そのスポーツによって正しい鍛え方というものがあります。
トレーナーやコーチ・監督などと相談して正しいフォームや動きを身につけてトレーニングを行うことが重要です。

 

●ウォーミングアップ・クールダウンを徹底する

スポーツに取り組む前には必ずウォーミングアップをして、筋肉の温度をあげて柔軟にしておくようにしましょう。

また、トレーニング後の整理体操を軽視せずしっかり行うことで、筋肉や靭帯に疲労が残らず、身体の負担を軽減することができスポーツ障害の予防に繋がります。
トレーニング後にはクールダウンを行うことで、身体の負担を軽減してケガを防ぐことができます。

代表的なスポーツ障害

スポーツ障害はさまざまな種類があり、そのスポーツの特性により負荷のかかる部位が異なるため、各スポーツにより生じやすい障害があります。

そのためそのスポーツの名前が通称となっている障害も多くあります。

今回は、何種類もあるスポーツ障害の中でも代表的な障害をご紹介します。

 

●疲労骨折

繰り返し同じ場所に負荷が加わることで、徐々に骨に影響が出て次第に不全骨折(ひび)や完全骨折になってしまう状態です。

足の骨に発生することが多く、マラソンなどの走ることが多い競技やジャンプ動作が多いバスケやバレーなどの競技をしている方は注意が必要です。

 

●野球肘

比較的有名なスポーツ障害で、野球の経験がある方は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

過度な投球練習を繰り返したり間違ったフォームで練習をしていることで、肘の外側や内側などに痛みを感じます。

痛みを我慢し過度な練習を続けていると、症状が進行し手術が必要となるケースもあります。

 

●アキレス腱炎

アキレス腱炎は、その名の通りふくらはぎからかかとにある丈夫な腱「アキレス腱」に炎症が生じている状態です。

主に走ることに多いマラソンランナーなどに多く発生し、ふくらはぎのストレッチ不足が影響していることが多いです。

 

●オスグッド病

小中学生の成長期に多い病気です。
膝に痛みを感じ、ジャンプやダッシュなどの動作を繰り返すことで発生します。

 

応急処置の基本【RICE処置】

スポーツをしている最中に痛みを感じ場合、基本的には次の応急処置を行いましょう。

この応急処置を適切に行うことで、内出血や腫れを最小限に抑えることができます。

 

【RICE処置】

スポーツ外傷を負った場合には、応急処置としてRICEと呼ばれる4つの処置をしておくことが大切です。

 

Rest(安静にする)

患部は動かさないように固定して、安静な状態を保つようにしてください。

 

Ice(冷やす)

15分程度、冷却パックなどを患部に当てて冷やしておきましょう。冷やしておくことで痛みや疲労の緩和に期待ができます。

 

Compression(圧迫する)

弾性のある包帯などを使って、血流を妨げない程度に患部を圧迫しておきましょう。

 

Elevation(挙げる)

患部はクッションに乗せるなどして心臓より高い位置に挙げておいてください。

 

【テーピング】

 

ケガをした場合、患部に負担をかけないよう、テーピングで固定をしておくことも重要です。
ただし、間違った固定はケガの悪化を招きます。

不安のある方は整骨院・接骨院や医療機関へ相談してみましょう。

 

パルモ整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院ではケガの施術はもちろんですが、ケガを繰り返さないように根本的な原因から取り除き、再発防止にも力を入れています。

痛みの根本改善には患部だけを施術すればいいというわけではないと当院では考えています。

身体全体の状態を検査して根本原因を見極めアプローチをします。

 

【スポーツに対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「骨折・脱臼」「捻挫」「挫傷」「むちうち」などのケガに対して、健康保険を使用し施術を受けていただける場合があります。
その他、交通事故によるケガには「自賠責保険」、業務中や通勤中のケガには「労災保険」を使い施術を受けていただけます。

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足首のズレを整えて足先からふとももにかけて蓄積された余分な水分や老廃物を流す施術法です。
足の「むくみ」や「冷え」の改善だけでなく、下半身の血流を促進することで「腰痛」や「膝痛」にも効果が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップを、痛みを感じる患部や硬くなった筋肉にあて、カップ内を真空状態にし血流を促進する施術法です。
血流を促進することで、患部周辺の組織に栄養・酸素を供給し、蓄積されている老廃物を回収することで疲労回復の効果が期待できます。※吸引した部分に数日〜1週間程度丸い跡が残ることがあります。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中