捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • スポーツ中に
    足を捻ってしまった

  • スマホ操作で
    手首が痛くなった

  • 捻った関節が
    腫れてしまった

  • 手の指を曲げると痛む

捻挫・腱炎・腱鞘炎の我慢は禁物です

スポーツや日常生活の中で、捻挫や腱炎・腱鞘炎になってしまった経験はありませんか?


特に腱炎・腱鞘炎は、生活習慣の変化により現代人に増加している症状です。


ここでは捻挫・腱炎・腱鞘炎になってしまう原因や症状への対処法をご紹介します。

捻挫・腱炎・腱鞘炎早期回復メニュー Recommend Menu

捻挫と腱炎・腱鞘炎の特徴は?

捻挫は、「一回の外力」により関節の骨同士をつなぐ靭帯が伸びたり切れたりすることで起こる外傷です。

 

一方で腱炎・腱鞘炎は、「繰り返しの動作」により骨と骨とつなぐ腱の動きを支えてる腱鞘が炎症を起こしてしまう症状です。

 

どちらも、関節周辺に痛みを感じる方が多く「腱炎・腱鞘炎」だと思っていても実は「捻挫」であったりまたその逆であることもあります。

カウンセリングや検査により痛みの原因を見極め適切な施術を行うことが大切です。

 

【捻挫】

 

●原因

 

捻挫は、足や腕以外にも関節であればどの部位にでも発生する可能性があり、関節の可動範囲を超えての外力が加わることで、関節周辺の靭帯などが損傷した状態です。

 

●症状

 

患部に痛みや腫れ、皮下出血がみられます。
靭帯が切れてしまうと、痛みが強くなって関節が不安定になってしまうこともあります。

 

【腱炎・腱鞘炎】

 

●原因

 

・手首や指の使いすぎ

 

腱炎・腱鞘炎は、手首や指を使いすぎることで起きるのがほとんどです。
現代ではパソコンやスマホ操作が大きな原因となっています。

 

・更年期

 

更年期に入ると、エストロゲンと言う女性ホルモンの分泌が減ることから腱や腱鞘が腫れやすくなり、指や手首に痛みを感じるようになる方がいます。

 

・初産腱炎・腱鞘炎(ドケルバン病)

初産の女性は家事や子供を抱っこする負担で腱炎・腱鞘炎になってしまうことがあります。
産後半年ほどは骨盤を開かせるホルモンが他の関節へも影響しているため、腱炎・腱鞘炎になりやすいです。

 

●症状

 

指や手首に痛みや腫れといった症状が出ます。
手の甲が痛むドケルバン病や、指の腱や腱鞘が引っかかるばね指の症状もみられます。

捻挫や腱炎・腱鞘炎の応急処置は大切

症状を緩和するためにはきちんと応急処置しておくことが大切です。


捻挫・腱炎・腱鞘炎になったときの対処法をご紹介します。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎の応急処置】

 

●RICE処置

捻挫や腱炎・腱鞘炎になったらすぐにRICE処置と呼ばれる4つの処置をしておきましょう。

この処置を行うことで回復期間に大きな差がでることもあります。

・Rest(安静にする)
患部はできるだけ動かさないようにして、安静にしておきましょう。

・Ice(冷やす)

15分を目安に患部を冷やしておきましょう。腫れが引いて、痛みや炎症を緩和できます。

・Compression(圧迫する)
弾性のある包帯などを使って患部を圧迫しておきましょう。腫れや内出血を軽くする効果に期待ができます。

・Elevation(挙げる)
患部を台にのせるなどして、心臓よりも高い位置を保ってください。痛みや内出血を抑えることができます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎を予防するには】

 

●テーピング

手首や足首など、捻挫や腱炎・腱鞘炎が起こりやすい部位には、事前に「テーピング」を施しておくことで、関節周辺が強化され、予防に繋がります。

圧迫しすぎて血流を妨げないよう注意してテーピングを行いましょう。

 

捻挫・腱炎・腱鞘炎になってしまったかもと感じたときには一度整骨院・接骨院や医療機関に状態をみてもらうようにしましょう。

症状を軽視し放置してしまうと、悪化や回復に時間がかかってしまうこともあります。

パルモ整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」に対し、急性期であればまずは適切なRICE処置を行います。

その後、患者さんの症状にあわせてイボルト療法徒手療法、関節矯正などを施して患部の固定を行います。

※施術後1ヶ月~数ヶ月程度は痛みがなくなるまで定期的にご来院いただき、予後を観察させていただければと考えています。

捻挫は再発しやすいケガなので、完全に回復していない状態でのスポーツは中止していただくように、アドバイスをする場合もあります。

 


また、完治後も基礎筋力アップのためのトレーニングをおこない、捻挫を起こしにくい身体づくりを作ることが大切になります。

包帯やテーピングだけでは十分な固定ができない場合にはプライトンという特殊な固定具(お湯につけると柔らかくなり、冷やすとギプスのように硬くなる固定具)を使い、患部の固定を行う場合があります。

 

また、固定の影響や怪我の後遺症によって筋力が低下している場合はトレーニングを行い、関節の動きや痛みの回復を目指します。

 

当院では、自宅でのトレーニング方法もアドバイスを行います。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

整骨院・接骨院では、「骨折・脱臼」「捻挫」「挫傷」「むちうち」などのケガに対して、健康保険を使用し施術を受けていただける場合があります。
その他、交通事故によるケガには「自賠責保険」、業務中や通勤中のケガには「労災保険」を使い施術を受けていただけます。

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■特殊固定

当院では症状に合わせて固定具の種類や形を変えて固定を行います。

ギプスと違い、取り外すことも可能な固定になります。
そのため、施術の度に患部の状態も確認することができ、症状の変化や痛みによっては固定具を変更することも可能です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中