むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 朝起きると
    顔がむくんで
    いる

  • 足がむくんで
    靴下の跡が残る

  • 血流が悪く
    手足が冷える

  • 同じ姿勢で
    いると足が
    むくんでくる

むくみや冷えといった症状に
悩まされていませんか?

足がむくんでしまったり、手足の冷えが気になる
といった悩みを抱えている方は決して少なくありません。


これらの症状が出てしまう原因や、症状への対処法を解説します。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみや冷えの原因

どうして「むくみ」や「冷え」といった症状が起きるのでしょうか?
これらの症状を防ぐためには、まずは原因について知っておくことが大切です。


むくみと冷え、それぞれの原因をみていきましょう。

 

【むくみの原因】

 

●姿勢のゆがみ

 

姿勢がゆがんでしまうと血流の悪化につながり、ふくらはぎなどにむくみができることがあります。

 

●筋力低下

 

運動不足で筋力が落ちてしまうと、足の血液の循環がうまくいかずむくみの原因となります。

 

●下肢静脈瘤

 

下肢静脈瘤となり静脈の弁が機能しなくなると、血液が逆流して足にたまってしまい、むくんでしまいます。

 

●エコノミ―症候群

 

飛行機の座席などで長時間同じ姿勢でいると、足の血管内で血液が滞ってしまい、むくみや痛みの原因となります。

 

●腎機能障害

 

腎臓の機能が低下すると、血管内の水分がうまく調整できずむくみのもとになります。

 

●リンパむくみ

 

リンパの流れが悪くなっていると手足にリンパ液が溜まってしまい、むくみができることがあります。

 

【冷えの原因】

 

●日常生活での癖

 

エアコンの風を直接受けたり薄着で過ごすなど生活習慣の影響で、身体が冷えやすくなることがあります。

 

●食事

 

冷たい食事ばかりを摂取していると身体も冷えやすくなります。

 

●ホルモンバランスの乱れ

 

ストレスや生活リズムの乱れが原因でホルモンバランスが崩れると、自律神経も乱れて冷えを感じることがあります。

 

●むくみ

 

むくみによって体内の循環が悪化することで冷えにつながることもあります。

むくみ、冷えの症状にお悩みなら身体を温めましょう

むくみや冷えになると生活に支障をきたすこともあります。
これらの症状を緩和するためには何をすればいいのでしょうか?
症状ごとの対処法についてみていきましょう。

 

【むくみへの対処法】

 

●身体を動かす

ストレッチやエクササイズをして身体を適度に動かすことで、血流や代謝を促進してむくみを解消することができます。

動かした部位にマッサージをしておくとさらに効果的です。

 

●湯船に浸かる

 

湯船にゆっくりと浸かって全身を温めることで、血流を促進できます。
血流が良くなればむくみが取れやすくなります。

 

●カリウムを摂取する

むくみを解消するためには、カリウムを豊富に含む食品を積極的に摂りましょう。
バナナやイモ類、肉、魚を食事に取り入れることで、十分なカリウムを摂ることができます。

 

 

●リンパの流れを良くする

リンパ液が滞っているとむくみのもとになります。
足を上げ下げしたり、足首をぐるぐる回す運動をすることでリンパの流れを促進することができます。

 

【冷えへの対処法】

 

●湯船に浸かる

湯船に浸かって身体の内側まで温めれば、血流も促進されて冷えを感じにくくなります。
ぬるま湯でもいいので、全身が温まるまでじっくり浸かってください。

 

●温かい食事を摂る

スープ類など温かい食事を摂ることで、身体を内側から温めて冷えを緩和することができます。

 

●有酸素運動をする

ジョギングや水泳といった有酸素運動をすることで、血流を促進して冷えを感じにくい身体にする効果に期待ができます。

パルモ整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

むくみや冷えは特に女性の方に多く、ホルモンの影響や筋肉量によるものが原因の場合もあるので基本的には運動指導を行います。

しかし、筋肉がすぐにつくわけではないので、症状をいち早く改善するための施術も同時に行います。

 

 

 

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

筋肉や靭帯の深部にハイボルト(高電圧)の電気刺激を行うことで、筋肉や靭帯の修復を促進し、神経の興奮を抑えていきます。
ハイボルト療法は即効性があり、痛みの軽減や、回復を早める効果が期待できます。
また、痛みの根本的な原因を明確にするための検査としてハイボルト療法を行う場合もあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

テープにて経穴(ツボ)に刺激を行うことで症状の緩和を促していきます。
痛みを感じる部分だけではなくその患部に効果的な経穴(ツボ)に刺激を与えていくため患部に激しい痛みを伴う場合や、触られるのが苦手な場所であっても別の場所からアプローチすることが可能です。

 

■テーピング

ケガの状態や目的に合わせて、何種類かのテーピングを使用していきます。
「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的のもと「ホワイトテープ」「キネシオロジーテープ」「スパイラルテープ」「ストリンテックステープ」などを使い分けていきます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや肩甲骨、股関節動きなどを総合的にみて全身のバランスを整える施術です。
姿勢や関節の動きを正常に調整することで人間が本来持っている自然治癒力を向上させて早期回復を目指していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な精密機器を使い、全身の筋肉や骨格を覆っている「筋膜」を緩めていく施術です。
手技では痛みを感じるような場所でも、痛みや強い刺激を与えることなく筋膜を緩め血行を促進していきます。

血行を促進することで、細胞を活性化させ、コラーゲンの形成を促すことで組織の回復能力を高めていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足首のズレを整えて足先からふとももにかけて蓄積された余分な水分や老廃物を流す施術法です。
足の「むくみ」や「冷え」の改善だけでなく、下半身の血流を促進することで「腰痛」や「膝痛」にも効果が期待できます。

 

■産後矯正

産後直後は、出産に伴うホルモンの分泌により骨盤周辺の筋肉がゆるみ開いている状態です。
次第に元の状態に戻っていきますが、その過程で身体全体や骨盤のゆがみが生じやすい傾向があります。
当院では、まず骨盤の開き・ゆがみの確認をし、開きを元の状態に矯正し産後の「腰痛」「尿漏れ」「冷え」などの改善を目指します。

 

■季節調整

主に腹部調整(腸揉み)を行っています。
内臓を動かしている副交感神経はリラックスしている時に特に活発に働いているので、腸内環境を整えることで自律神経のバランスが整いやすくなります。

 

■O脚矯正

O脚へのアプローチは、その原因によって変わってきます。
年配の方に多い「猫背姿勢」や「がに股」によるO脚の場合は、内太ももをしめる矯正を行うことで改善を図ります。
若い方に多い「内股姿勢」によるO脚の場合は、骨盤のねじれを矯正し、左右の骨盤を整えていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:北川文博
資格:柔道整復師
生年月日:1987年12月3日
出身:千葉県千葉市
血液型:A型
好きなスポーツ:ラグビー
得意な施術:産後骨盤矯正、スポーツ外傷
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ整骨院
住所〒132-0035 東京都江戸川区平井3-25-11
最寄:JR総武線 「平井駅」徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院) 公式SNSアカウント パルモ整骨院(平井院)ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ整骨院(平井院)
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中